公務員と結婚を考える~ハピネスイン福利厚生~

転勤などの心配

綺麗なブーケ

街コンに参加したいならこちらのサイトをチェックしましょう。異性と距離をグッと縮めることができるイベント盛りだくさんですよ。

たくさんの異性と出会いたい!と思っているなら街コンに参加してみましょう。運命の人と出会えるチャンスも眠っています。

異動が多い場合と、定住型の場合の公務員がいます

公務員といっても様々な業種があります。 都道府県庁に勤務されたりする方、国の省庁、官公庁、自衛隊などの国家公務員の方、警察官や消防官のような重要な使命を担っている仕事もあります。 もし公務員と結婚となると、公務員として仕事を続ける限り非常に多くの地域を転居する場合と、一定の県や市区町村でずっと暮らしていく場合にわかれます。 自衛隊や国家公務員の多くは全国規模での転勤があり、結婚後、自分の仕事はどうするのか、家はどうするのか、また子供はどこで育てるのかなどを考えなくてはなりません。 また定住型の公務員の場合はずっとその地区で暮らしていくことになり、他の地区への引っ越しはあまりないでしょう。 どちらがあなたの好みなのか、結婚前によく考えるといいでしょう。

結婚で所属している組織からお祝い金がでることもあります

公務員が結婚をした場合、所属してる都道府県や市区町村の福利厚生でお祝い金がでることがあります。金額は勤続年数やその自治体の経済状況にもよりますが、50,000円から多いと100,000円のところもあります。 ただしこれは自分で申告しなくてはならず、期限があることが多いので、必ず厚生課等に連絡をして確かめることが必要です。 同様に結婚だけでなく、両親や子供が亡くなった場合など、職員(公務員)本人、職員の妻や夫が亡くなった場合でも同じように厚生課からお見舞い金がでることがあるので、いつどのような状況でお金がもらえるのかは必ず確認しておき、忘れずに申告しなくてはいけません。 福利厚生は税金ではなく、本人の給与から積み立てたものです。

人気があるので事前の予約が必要です。街コンを楽しみたいという時はこちらをチェックしてみよう。多くの会場で開催されています。

実際に利用したことがある人が選んでいるので信用できます。東京で結婚相談所のおすすめとなっている場所を選ぶならここです。